法的手続き

  • 外国人登録

    ◉新規登録
     日本に90日以上滞在する外国人は、「外国人登録法」の定めるところにより、渡日後90日以内に居住する地域の市役所等で登録の手続きをしなければなりません。鹿児島市に居住する者は、鹿児島市役所市民課において自分自身で手続きをして下さい。登録に必要な書類は旅券及び6ヵ月以内に撮影された写真2枚(2.4cm x 3cm)です。登録を済ませると約2週間後に外国人登録証明書(カード型)が交付されます。16才以上の外国人はこの登録証明書を常時携帯し、必要に応じて提示しなければなりません。この登録証明書を携行していれば、旅券を携行する必要ありません。

    ◉登録事項の変更届け
     登録事項に変更が生じた場合は(例えば、現住所、在留期間、旅券番号等)、14日以内に市役所に届け出して下さい。住所変更の場合は、移転先の市役所や町役場に届けること。

  • ◉再交付
     外国人登録証明書を紛失、盗難、汚損した場合は、14日以内に市役所に届けて、再交付の手続きをして下さい。(旅券と写真2枚が必要)

    ◉切替
     外国人登録証明書の有効期限は5年で、登録証明書に記載されています。この期限を越えて日本に滞在する場合は、再登録(更新)をしなければなりません。再登録の手続を、期限が切れる日から30日以内に行って下さい。

  • ◉返納
     日本から出国する際(再入国許可を受けている場合を除く)、出発港(関西国際空港等)の出入国審査官に返納しなければなりません

  • 在 留 期 間 の 更 新

    留学生として日本に在留を許可される期間は1年又は2年です。この期間は所定の手続きにより、1年又は2年毎に延長することができます。更新を希望する場合は、在留期間が満了する2ヶ月前から10日前までの間に必要書類を添えて入国管理局鹿児島出張所
    (以下「入国管理局」として略称)で申請して下さい。
    ◉申請に必要な書類
    1.在留期間更新許可申請書(入国管理局備え付けの用紙を使用のこと)
    2.旅券
    3.外国人登録証明書
    4.在学証明書(所属学部や大学院の学生係で発行する)
    5.成績証明書(同上。ただし、研究生の場合は、指導教官による推薦状が必要)
    6.研究生の場合のみ:研究内容・研究成果を証明するもの(様式自由)
    7.在日中に生活費など全てを支払えることを証明できるもの。
    8.手数料(4000円)
    9.その他審査官が要求する書類

    文部科学省奨学生 国費留学生であることの証明書が必要。留学生課で発行する。
    外国政府奨学生 外国政府奨学生であることの証明書が必要。大使館や領事館で発行する。
    私費留学生又は
    その他の奨学生
    自分自身に当てはまるものを次の中から選ぶ
    (a)生活費など全てを自分で払うとき:
     ・残高証明書(預金口座のある銀行で発行する)
     ・奨学金証明書(留学生課で発行する)
    (b)あなたの国の家族などからお金が送られるとき:送金証明書
    (c)日本に住んでいる他の人が生活費などを支払うとき:
     ・ 誓約書
     ・ お金を払う人の収入を証明するもの
      (源泉徴収票、住民税・所得税等の税金を払っていることの
       証明書など)
     ・ お金を払う人の住民票(市役所で発行する)

  • 在留資格の変更

    「留学」の在留資格を取得している者のみを留学生として扱います。留学生に対する医療費補助や奨学金の申請などは「留学」の在留資格を取得していることが条件です。何らかの事情により、入学した時点において「留学」以外の在留資格を有する者は、入学後すみやかに入国管理局に申請して、在留資格を変更して下さい。

    ◉申請に必要な書類

  • 在留資格変更許可申請書
    旅券
    外国人登録済み証明書(市役所で発行する)
    申請理由書(変更理由を具体的に自分で書いたもの)
    入学許可書(所属学部や大学院の学生係で発行する)
    研究生の場合:指導予定教官からの推薦状
    研究生の場合:研究内容・研究成果を証明するもの(様式自由)
    手数料 (4000円)
    その他審査官が要求する書類

  • 資格外活動(アルバイト等)の許可

    留学生は本学での勉学・研究が目的で日本に滞在するので、資格外活動(アルバイト等)に従事することは勧められません。ただし、必要がある場合は、入国管理局に資格外活動の許可申請を行い、勉学・研究に支障がないと判断された場合は、1週間あたり28時間の範囲内でアルバイトに従事することができます。なお、大学の夏季休暇、冬季休暇及び春季休暇の期間中は、1日8時間以内のアルバイトに従事することができます。

  • ◉申請に必要な書類

  • 資格外活動許可申請書(入国管理局備え付けの用紙を使用のこと)
    旅券
    外国人登録証明書(市役所で発行する)
    その他に審査官が要求した書類

    注意事項:
    ・資格外活動の許可を得ずにアルバイトに従事した場合は、国外強制退去処分となります。
    ・「留学」の在留資格の者のみ、資格外活動許可申請ができます。
    ・学部生の場合は、前年度に20単位以上の取得単位数が必要です。
    ・1年次の学生は、当該年度に20単位以上を取得しなければなりません。
    取得できない場合は、次年度の許可が得られなくなります。

ページトップへもどる

© 2016. All rights reserved.